住吉の旧跡

旧跡

後村上天皇行宮跡 (大阪市住吉区墨江2丁目7-20)

大社の歴代宮司、津守氏の住之江殿(正印殿)の中におかれた南朝の後村上天皇の御座所で、正平7年(1352年)228日から同年閏215日までと、正平15年(1360年)9月から正平23年(1368年)311日に崩御されるまでの約9年間行宮として使われました。次の長慶天皇は住吉行宮で即位し、正平231224日に吉野へ移られました。

後村上天皇住吉行宮跡
正面奥の石碑
お問い合わせ