すみよし魅力PR補助金事業

平成30年度 すみよし の魅力PR補助金事業 セミナー「水都大阪と住吉」

古代の大阪は淀川と旧大和川が合流して湾に注ぐ河口部に位置していました。上町台地以外の陸地は上流からの土砂の堆積と湿地の埋め立てによって形成され、住吉津や難波津が大和政権の外港となり、時には首都や副都が置かれるほど重要な場所でした。時代と共に新田開発などによって陸地は西へと拡がって、同時に市内中心部では縦横に運河が開削され、海・河両面での「水の都」となっていきました。

本セミナーでは、住吉及び新田開発並びに都市と水上交通に関する学識経験者4名の方々に異なった角度からご講演いただき、さらに講師全員によるクロスディスカッションにより、水都(河港都市)の観点から大阪と住吉に関する理解を立体的なものにしていきます。

開催日時 平成30年10月14日(日)13時30分~17時(実施済み)

場   所 大阪市立大学 田中記念館ホール
最 寄 駅 JR 阪和線「杉本町駅」東口すぐ

講   演

①「住吉の伝承にみる海の記憶
小出英詞(住吉大社文教課 権禰宜)

②「住吉浦・北加賀屋新田の運営と開発」
川嵜千代(千島土地株式会社地域創生・社会貢献事業部アーカイブ室長)

③「水都の盛衰-ヨーロッパ港湾都市の経験から-」
大場茂明(大阪市立大学大学院文学研究科教授)

④「水都大阪と住吉」
橋爪紳也(大阪府立大学大学院経済学研究科教授、観光産業戦略研究所長)

資料代
500円

主催:すみよし歴史案内人の会
後援:住吉区役所
協力:大阪市立大学地域連携センター

申込は、本ホームページ「お問い合わせ」欄から、お名前、電話番号など必要事項をご記入の上、「お問い合わせ内容」欄に「セミナー「水都大阪と住吉」参加希望」と記入し、開催日の2日前までにご送信下さい。
『浪速之古図』古代の難波八十島の様子(住吉大社御文庫所蔵)
『千島土地株式会社100周年記念誌』より

平成29年度 すみよし魅力PR補助事業 「知ってますか住吉を 2017」(実施済み)

歴史と文化が色濃く残る『すみよし』を更に探求しませんか。
古代・中世・近代の時代区分で
住吉周辺のまち歩きと、テーマに関する講演会で
「住吉」をより深く知っていただくイベントです。
内容の詳細はここをクリック

申込は、本ホームページ「お問い合わせ」欄から、お名前、電話番号など必要事項をご記入の上、「お問い合わせ内容」欄に「参加希望のテーマ(1)古代・(2)中世・(3)近代を記入し、
開催日の10日前までにご送信下さい。


(1)古代編 9月 24日(日)  (実施済み)
まち歩き :「住吉南部の遺跡を歩く」13:00~14:30

講    演   :「住吉南部の遺跡」   15:00~16:30
場所: まち歩き JR杉本駅東口 集合
_   講     演    海外産業人材育成協会関西研修センター
講師: 村元 健一 氏(大阪歴史博物館 学芸員)

(2)中世編 10月29日(日)
  (実施済み、但し天候不順のためまち歩きは11月19日(日)に延期
まち歩き :「環濠と砦のムラを歩く」長居地域  13:00~14:30
講     演  :「住吉周辺の環濠集落と城」     15:00~16:30
場所: まち歩き JR長居駅前 集合
_   講     演    苅田土地改良記念会館
講師: 中西 裕樹 氏(高槻市立しろあと歴史館 館長)

(3)近代編 11月26日(日)  (実施済み)
講     演  :「帝塚山の成り立ちと文学」13:00~14:30
まち歩き :「帝塚山派文学の街を歩く」
15:00~16:30
場所: 講     演    帝塚山学院同窓会ホール
_   
まち歩き 帝塚山古墳前 集合(南海高野線帝塚山駅下車すぐ
講師: 高橋 俊郎 氏(帝塚山派文学学会 副代表)

募集人数: まち歩き、講演とも各100名(応募多数の場合は抽選)
参加費用: まち歩き+講演:700円
                 まち歩き単独  :300円
                 講演単独        :500円
受付は、まち歩き、講演とも開始時刻の30分前より

主催: すみよし歴史案内人の会
後援: 住吉区役所 
お問い合わせ