• ホーム
  • イベント情報
  • 大阪・奈良歴史街道リレーウオーク 

大阪・奈良歴史街道リレーウオーク 

大阪・奈良歴史街道リレーウオーク 第三幕 記紀万葉の地を辿る (実施済み)

 (実施済み)  
  
第18回(最終回)「万葉の住吉と岸の黄土」
開催日時:平成28年5月22日(日)9時受付開始、約90分
集合場所:南海電車「住吉大社」駅 改札口
解散場所:万代池公園 
参加費:300円(資料代)ウォークのみ参加の方、講演会のみ参加の方
____500円(資料代)ウォーク及び講演会とも参加の方
万葉の歌人たちは白砂青松の地であった住吉の浜辺を訪れ、数多くの歌を残しました。 
万葉集には住吉を歌った歌が50首にものぼります。「白波の千重に来寄する」と詠
われた名勝住吉の岸辺を偲び、万葉名歌の面影の残るまちなみを歩きます。
当時詠われた「住吉の岸の黄土(はにふ)」は古代の鉱物染色「黄土(はにふ)染め」
のことですが、住吉の土が衣を鮮やかな黄金色に染めることが地元の古代研究者の手で
再現されています。
このツァーでは帝塚山古墳や犬養孝揮毫の歌碑「粉浜の蜆」もご案内します。
また、午後からは近隣の会場にて以下の通り記念講演会を開催します。


コース :(南海本線「住吉大社駅」駅付近広場)→住吉公園→丸山大明神
→浅沢社→磯歯津路→住吉大社(楠珺社→御文庫→本宮→反橋→万葉歌碑)
→粉浜万葉歌碑→上町台地崖→帝塚山古墳(雨天中止)→万代池【昼食】
→講演会及び完結式会場(午後1時15分~3時30分)(会場未定)
記念講演:「古代歌謡と住吉」大阪市立大学大学院文学研究科教授 村田正博先生
リレーウォーク完結式:講演会後に同じ会場にて
主 催 : 大阪・奈良歴史街道リレーウォーク実行委員会
共 催 : 住吉区役所
お問い合わせ